妊娠線対策ネット
妊娠線と妊娠線の原因について解説!
妊娠線と妊娠線の原因


 「妊娠線」とは、妊娠してお腹が大きくなったときにできる、赤みがかったミミズ腫れのような線のことをいいます。
 数本から数十本、塊になってできることもあります。

 妊娠線ができる主な原因は、急激にお腹が大きくなったために、お腹の内側の皮膚がその伸張に付いていけず、裂けてしまうことです。

 また、肌の乾燥やホルモンバランスの悪化が、妊娠線に影響を及ぼすといわれています。

 妊娠線は8割以上の妊婦さんにできており、出産する女性の共通の悩みといえます。



<Menu>
妊娠線の基本
妊娠線の写真
妊娠線予防
妊娠中の運動
妊娠線対策
妊娠線治療の種類
妊娠線と関連するもの
妊娠線情報交換掲示板


[0]妊娠線対策ネットTOP

お問い合わせ

Copyright(C) 2007
妊娠線対策ネット
All Rights Reserved.